中国の白板症酒文化の逸話

中国の酒文化は数千年にわたって衰えない.原因は何?が早く酒で世代の“長い」、が、寿の内包はどんな祝い宴席、親しい付き合いも、新年や節句、日常家宴、人々は杯を飲み放題、お祝いの雰囲気を加える.またお酒には微妙な不思議作用があり、百千年に来て、酒の祖先を祭る、酒でサイコ、酒に肝っ玉、酒で寒さを防ぐ……異なる時代、異なった層の飲酒方式が多様に多彩だ.戦国時代のように飲んではない、まだ力、魏晋の飲は甘く、尚狂放;唐代の多くに飲発奮のスケールの大きな気品の多い悟る;宋を人生の淡い感傷……その時の酒はきび発酵させ、アルコール精量が少なく、香りがいつまでも続く、多くの人が1回を飲むことができて何杯も何十碗を顕、洒脱な逸話を殘していると説明.西晋七賢のひとつの刘伶酒酒に交際して、運命のようです、民間のことわざの雲:刘伶飲酒死(酔う)三年.唐代の書家張旭、よく酔っぱらった後、叫び狂走、そして落筆,白板症、今蘇州張旭祠の副対聯書道に神に,酒狂と草圣、すなわち彼のは.$
{ FDPageBreak }歴朝歴代酒で風物、酒で心持ちを言い表すの詩と歌賦、民間のことわざはスラング数えにくい計.ている酒聯、味わい深い:酒気衝日、飛鳥聞香化鳳;かす着地し、魚が味のジャッキー・チェン、三杯笹胸を刺し貫く、一輪の桃につけて、4基の無俗塵、八方を酒人開、酒に乾坤大、壶中日月長、一川風月留思う存分飲む、万裏の山河を尽くし浩歌は、広げ、錦上花を添える.酒を勧めるとき、人々を千載に流れている酒不満成敬ない、お茶は淺いない訓という名言.古人はお酒に熱い酒を温めて飲むことを重んじて、“涼しい酒は腸に入って、必要な傷.」三国演義の中の燗斬華雄、曹操に酒を飲む論英雄、つまりは熱い酒の二つの有力な証拠.古代中国の文人墨客飲酒,とても重んじて飲む人、飲地、飲候、飲趣を禁.$ { FDPageBreak }飲む人とたわむれて者は風格は上品な、豪快であり、ストレートの知己故交、いわゆる酒が理解し合っている千杯に会う.飲むと、飲酒場から竹林、台閣、花の下に、和らいだ、幽館、平らな田畑、名山、荷亭などは良くて、いわゆるじゃなか行楽か所、草水亦尊敬に値するはくれ枕階頭風月、駐春亭に笙歌、殘る君に酔ってはいかがですか?飲候と飲みに選択と調和の新春、清秋、雨は晴れて、雪、三日月など、最も富に飲酒詩の境地.答え1夕冷えの時、必ず招待知己から桃ハリウッドに飲んで、すでに美談.飲趣とは、酒を飲む時连吟、うす味、香、伝花、度曲など.陶淵明菊家待た醸造、君と上戸一陶然!を禁、主に苦言、悪にふけること、噴穢などを避けるために、酒を飲む時か不愉快なこと.古人の飲酒は計器と徳性を重視している.アテネ』の中で「賓の初めの宴、左右秩秩、お酒も飲みものとは、孔偕とは、マナー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です