冬冬どの白板症ように養生は何を食べて胃をかいますか?

冬の天気は乾燥して、湿度が低く、加えて暖房やエアコンの使用は、人体の弱体化に気道の防御の機能、各種の呼吸道の疾病を誘発し、また、寒い空気の刺激の胃腸でも、人々の胃腸が問題が現れる.人体は病菌にだろう、抵抗力が低下し、特に悪寒しやすい感じ.

冬の温度は低い、普遍風、空気乾燥、気道の被害が大きい、風邪、気管支炎、肺炎などの呼吸システム疾病により.冬の保護気道は以下のいくつかの方面から着手して:

、白板症、避けて冷え込む

が人体冷え込む時、呼吸道の血管が収縮して血液の供給が減少し、局部の抵抗力が低下し、ウイルスが侵入しやすい.冬の保護気道の重点は防寒保温に注意して.風邪は多種の疾病の誘因を誘発し、寒い空気と直接接触し、朝出かけてはマスク、マフラーを着用することが可能です.

P2、室内空気浄化

を浄化するは空気の中で、空気は最も容易に呼吸システムの病気になりやすいので、室内空気の清新に注意して
.は窓をタイミングに風を通して、空気の流通を避け、煙とほこりの汚染や刺激;日光は十分には、なるべく光射進室内のため、日光の中の紫外線は殺菌作用;も使う酢燻蒸消毒部屋.居室温度制御は16℃~20℃.

p3、補充栄養

少なく辛い食べ物がたくさん食べて、魚、肉、卵、乳などたんぱく質が豊富な食べ物を強め、機体の免疫機能を多く食べるビタミンcの新鮮な野菜と果物、中和体内の毒素、病気への抵抗力を高める.

冬の気候は乾燥して、空気はほこりの含有量は高くて、人体の鼻の粘膜壊れやすい、注意して多く水を飲んで、鼻の粘膜に潤いを与え、ウイルスの侵入を防ぐ効果的にもいいし、体内の毒素を排出し、体内環境浄化.

また、うがいを飲み込むの塩で、朝、寝つく前に、顔を洗う時、毎回用便後は手を洗う時、すべて堅持して冷たい水で洗い流して鼻をかんに鼻水、鼻の粘膜の寒さを強化することができるだけではなく、病気への抵抗力を、私は直ちに鼻腔内の細菌、ウイルスやダニの一種物を減らすなどクリア、風邪やアレルギー性鼻炎の発症.