安いの白板症は本当にいい品ですか。自費医療と相談する

私はちょうど卒業して病院に入院する医師の時、よく患者さんが医者さん、労働保険の薬がよくないから,少しでも薬を飲んで、自分でお金を出て大丈夫と言わないことを覚えています
.

私たちはしばしば

も病人を慰めるの薬はすべてのようには何もない、全国民健康保険の差は、最高の.事実も本当にそうで!

に治療、どこが別れても別れが必要です!

治療、どこが別れるのは荣民、自費、労農業保険は全国民健康保険福?私たちは、どのように治療して、どのように治療する、お金、根本的に私たちの主な考慮にはならない.

は、労働保険も核バックルの時、しかし私達はすべて自信満々に答えを書いて書類に、私たちはこれらの検査や治療の理由を示して、必要なのは、難しいのように、私たちの専門はどんなに偉大にして不可侵のように.

は通常の労働保険局も私たちの言うことを信じる、乖乖の支払いを信じて.私は、どうせお金を払わないで、お金を払わないで、私たちはこの小医者も知らない.)

「Pはその後、すべてが変わりました

民国84年から、健康保険になったすべての医療院が唯一の大ボス.ほとんどの人は健ちゃんと、もう自費のもの、すべてのものは、すべてのものが払うと言って、それから多くの年を過ぎていった.内容に富んだが、珍しい病気も付がんや慢性病、高価な薬を払い、病気予防もできる限り払い、見た目はかわいそう払って.最後にお金が足りないなら,白板症、総額で予算制にしよう!いくらプロジェクト、健保険局と民衆の負担のかかる費用は,料率、一部負担増、給付プロジェクトの増加は、扉がない…、各級医療院によっては、自分で計算書を食べていきましょう!

とつながりの結果:病院には生存を求め、コストを減らして、例えば削除医療人力や福祉、使用非元工場薬…などと、総額予算の予算を増やして外の収入を増やしても、自費医療を全力で発展さ.

そこで、デマは健保のものはよくない、健保の検査に詳しくないとして、最後に堂々と患者に説明健保のものは品質に問題がある、自費で物がいい、「自費のものがない手術はしょうがない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です