携帯電話はベッドの白板症上において危害がひどい

私たちは携帯電話に関心を持っている影響を関心を持って、少なくとも私達にひどい警戒心、これは私たちの睡眠を邪魔することはできないので、私たちは十分な休憩を得ることはできません.不眠症や他の睡眠問題がある可能性があります.

pケータイ、タブレットと電子ビューワーの光は大量のブルーレイが含まれ、私たちにもっと目覚めさせ、睡眠専門家は3時間前に携帯電話を見ることを提案します.携帯電話からの短いバルス光も我々より警戒させているということだ.もし私たちは携帯電話をベッドに置いて、夜中に目が覚めた時、私達は更に眠れなくなって、私達は意識しながら携帯電話を見ることができます.われわれの脳が監視すると、睡眠は軽く、より影響を受けやすくなります.

は、携帯電話の輻射が私たち睡眠時の脳電活動に影響すると証明している証拠があります.2008年の小さい研究は、携帯電話の輻射の影響を受ける人は深睡眠の時間は普通6分かかって、彼らの深さ睡眠の時間は人の平均8分より少なくして8分少なくする.頭痛、吐き気、めまい、耳鳴りや睡眠障害など多くの論争となった症状のせいにして携帯電話やwi-fiなど釈放の電磁が.事実上、電磁界に及ぶと、携帯電話は充電がもっと悪くなっている.

はよく寝ていたいですか?簡単には.携帯電話機を消して、永遠にベッドに置かないで.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です