故郷の白板症意味

子供のころの私、お父さんの口の故郷は和やかで、温かみの、しかし私は家の私に離れることができない私にとって、故郷は1つの訛り,白板症、故人の地方に会ったことがある.

私は大きくなった私、家の中には千の中から離れているところで生活して、やっとだんだん故郷があれらの家の中の人にとって何かを意味していることを知っていて.故郷は家で、一番暖かい場所で,私に十分な大きな安全感のある所;母の懐は、父の愛撫で、最も帰りたいところです.

人はよく、持っている時、大切にすることがわからない、失った後に貴重なことが分かった.家を出て、やっと分かって、かつて一番逃げたくなっているところは最高のところです.

p子が飼っていても親はいない、樹は静かに風が止まらない.これは世界で一番悲しいことで、最も親しい人を失うことができる人は更に悲しむことができて、幸いに私達はまた機会があって、また時間,私達はまだ若い、まだ補うことができます.最も悲しいことのないことは私達の身に発生して、遺憾なく生活して、自分で最大の可能性を変えることはできないことを変えることができないことを変えることを変えて.

今、この上なくて、この上なくて、この上もなくて帰りたいです.これは生活には自分には生活しているからではないか.私はただ微笑んで,
.