白板症の症状

0歳以上の方々に話を聞けば、「重の頃は重い鞠鼻って、学校まで長い道のりを30分かけて歩いて通っていた」とか、「井戸水を汲 んで料理に使った」、「かまどに火をおこしてご飯矣いていた」とい活塞っていたといいます。
もちろん当時は、エアコンなどない時巧人間は気温の変化に順応できる動物です。暑いときには汗をかき、寒ければ汗腺を閉じた り、筋肉を細かく產わせて体温を上げるなど、をフル活用して体温を調節してきまし今そこには大のエネルギ—が必要にな りますから、ご飯をたくさん食べても別はなかったわけです。むしろ、食べなければ生きるためのパヮーが出なかったといえます。
白板症の症状
定型的なものは、粘膜表面からやや高まった白色あるいは灰白色の板状または斑状の病巣を形成し、周囲との境界は一般的に明らかである。白斑はガーゼなどで擦過しても除去できない。粘膜は柔軟性を失い、いくぶん硬い。病巣は多彩な臨床症状を示し、大きさは小範囲なものから口腔全体におよぶもの、境界はときに鮮明、ときには不鮮明、色も白味がかったものから灰白色を呈するもの、ときに褐色がかった着色を呈するものまである。表面も平滑であったり、顆粒状の盛り上がりを示したり、平板状の隆起のなかに溝や皺がみられたりして一様でない。また、周辺粘膜に紅斑がみられることや、病変内部に紅斑やびらんが存在することもある。白斑の深部に硬結をふれるようなことはない。通常、自発痛、接触痛などの自覚症状はない。