私たちの白板症記憶に属している

p>と<総私達のために何か書いて、しかしいつも筆入れの間で急にちょっとものは使えない言葉で説明のはっきりしているが,白板症、ゆっくりとした時間の中に1つの何気ない動作を、ふと目を思い出はいつも弁を開いて、それであふれ、そして二度と来ないの整理.

私たちの記憶、誰もが挿し込んでいない、それは他人には触れられない温もり、それが暖かい気持ちになってから時間が流れてくるから時間が流れてくる記憶,
.

一人歩く通行人だけが街頭で、一人は茂みで見た下山の夕日染まる空の半分を、夏を感じながら肌に風の時いつも君を思い出す耳元で早く家に帰って,一人で路上では安全でない、どうしてこんなに遅いけど熱心にあなたの心配は、ゆっくり揺れて、晃れた昼まで雲、やっと急に抱き、一人歩きは確かに安全ではない.

いつも多くの人が理解できない自分が、どうして分からないで、あなたは私に聞いて一言が、心洞察ほど明瞭、記憶の中で、あなたはいつもとても強靱で、いつもの山に、永遠に暖かい感じて.しかし、それはどのくらい,どのくらい、私たちの記憶は、自分の記憶は、他人にはできないものだと思うことができます……