老人ぜんそくは救急呼吸をして白板症気道がスムーズに保つ

老人喘息発作時、白板症、家族はまず鎮静、患者の保持席や半臥位を緩め领扣、ベルト、口の中の分泌物をクリア、気道流暢な老人.家に気管拡張剤があり、直ちに患者に何度も吸入させる.家には酸素があれば、酸素を吸い込む.病状が少し落ち着いた後、直ちに病院へ送って、医者にかかる途中で、あまりにも動揺しすぎる場合、長距離搬送.もし必要運搬も、なるべく老人体を平穏、担架でやひじ掛け椅子を保持し、患者席姿勢と頭部が安定して、減らして振動と揺れます;同時に老人の頭逸れるやすい嘔吐物流、窒息防止.

は、多くの人が患者の発症後、患者は病院へ向かって走って、これは正しくありません.注意を避け病人胸腹部圧縮、ここに病人通気量の不足、背中病人はその胸腹部圧縮重くなって呼吸困難にまで起こし呼吸、心拍停止などの危険な情況.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です