見白板症張り

見守った距離、それだけで豚が事細かに足を計測して,
疲れた飼い羊、あなたが出て何になりたいし、海上妖精か
かわいそう,白板症、おかしい
秋風に飽きた夕暮れの1段の灰が伸びて
心の果て
長い道、息をついた口ガス、転んで座って

日和見無定見

夕日の下で、私は1人の古い友人で
彼は古い町に住んでいて,秋が来ると
私は総覚をなくした何か,影
斜めには長い影
総覚は
あなたの前に光明にはるばるにもたらした
千裏絶遠
私をなくしたマイル
また拾荒者送って
私は
あなたも返還の影の
突然
またはっきりとても
迷った
君は元はどこの

道を尋ねるの緑の女にひとめぼれ
熟知チャイムを押して
に住民の胸に
だれに当ててドアをノックする
夕闇に
蒼茫尤顕落ち着かない
西望夕暮れの古道
淡々となどの1匹の蹄声早馬
急いで連なりの秋風
秋に追いかけたくて
やがて死ぬの黄葉
それに教えたい
ねぇ
貴方に送った