1時間あたり2分間、白板症脳卒中死亡リスクが33 %に下がる

あなたは一日どのくらいの時間があるかをお聞きして、すべて席に座っていないで席に座りますか?保健福祉部によると、健康のために,中国人は毎日続けてさんじゅう分以上の運動が、多くの人は一日働いた後、時々疲れて体力がない運動で、しかしこのような生活だけでなく、肥満に罹患しやすい、第2型糖尿病、心臓病、癌のリスクも有高くなる.毎日2時間テレビを見て、第2型糖尿病の確率は15 %増加して、毎日2時間テレビを見て,白板症、2

アメリカによって柏宁頓生物医学研究センターの実験をした結果、毎日長座不動やテレビの時間が長ければ長いほど不利は人体の健康.アメリカハーバード大学の研究も証左、毎日2時間のテレビを見て、肥満率は25 %増加し、第2型糖尿病の確率も増加して15 %増加している.

肥満や上半身を避けるために病気なら、長居を不動の時間が減少しさえすれば、1日の長居する時間、縮小さん時間以内なら、平均寿命が延長に年、テレビを見る時間制御に時間以内と、平均寿命は延長1 . 38年.

でもアメリカユタ大学医学部教授SrinivasanBeddhu、現代人の多くも考えなければならない仕事の関係で、長居して運動不足の現象があるために、は人体の健康を促進し、毎日少なくともどのくらいの運動を行うことと題して、実験を行いました.1時間2分の2分間軽度運動、%心筋梗塞、脳卒中の死亡リスクを下げる

Beddhuの研究チームは,国民健康・栄養検査調査(NHANES)の3626名の会員を実験対象で、しかもその383人は慢性腎臓病(CKD)の患者で、彼らにはめて測定装置のため、運動の週波数や強度を測定し、実経験者を健行くなど軽い運動の週波数、およびない体を動かす時の時間.この実験結果、短い時間で健歩き、掃除、園芸などこれらの軽度運動は、長座が体にもたらした不良に影響を与えることができる.1時間かかって2分間、席を離れる軽度運動、%心筋梗塞、脳卒中の死亡リスクを下げることができます.また、Beddhu表示は人体一日時間を計算してじゅうろく時間、1時間に活動に分、毎週多く消費が400キロカロリーの発熱量.毎日この事をすると、4つの月にやせて10キロ、脂肪肝が消えてなくはいつでもできる!さんステップ美腸ウォーキング法は、解宿便消下腹部ジムには必要なくて

ジムには必要ない

!韓ダイエット女王はいつでもやっているなまけ者運動法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です