むし歯について

むし歯とは、口の中にいる細菌が、日常生活で食べたり飲んだりする糖分を餌にして作りだした酸によって、歯が溶けた状態のことを指しています。

むし歯菌はほとんどの人の口の中にいるような細菌ですが、口の中で増やさないようにすること、酸をつくりにくいような生活習慣をすることで、十分に予防のできる病気です。

通常は痛みなどの症状はありませんが、進行すると痛みが出るだけでなく、歯の内部の神経にまで影響を与えると、耐えがたい痛みの原因になったり、全身に細菌が回ってしまうこともあります。

一般的には、口の中には様々な種類の細菌が数多く住んでいます。この中にはむし歯や歯周病の病原菌も含まれています。特にむし歯の病原菌としては、ミュータンス菌といわれるものがよく知られています。

このミュータンス菌は、食事やおやつなどで摂取する食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養にして増殖し、その際に菌の周囲にネバネバのグルカンというノリのような物質を放出します。これによって歯に強力に付着して、そこでたくさんの細菌の集合体が形成されます。これが増えて歯の表面の白い汚れとなったものが、プラークというものです。

また、この細菌は同時に乳酸も作り出します。そうするとプラークの中は酸性になり、接触している歯の表面のエナメル質は酸によって溶けてしまいます。この現象を脱灰といいます。この歯が溶ける状態がずっと続くと、ついには穴があいてしまって、いわゆる「むし歯」ができてしまいます。

こうなると、歯を削って治療する必要があります。歯に穴が開いた状態でもあまり痛みを感じることはありません。そのまま放置すると、さらに歯の内部にまでむし歯は進行して、エナメル質よりも酸に弱い象牙質も壊れていきます。

この時にも痛みを感じないことが多く、放置すると、その中にある歯髄という歯の神経や血管のある部分にまで細菌が侵入します。こうなると耐えがたい痛みが出たり、神経が死んでしまって中で細菌が繁殖し、ついには歯の根っこの先端部分のあごの骨の中に細菌の巣をつくるようになります。あごの骨の中で炎症がひどくなると、顔全体が大きく腫れあがるようなこともありますし、熱が出たり、全身にも悪い影響が出ることがあります。

歯に穴があくむし歯になるまでの初期の状態では、表面で歯の成分のアパタイト結晶が少し崩れたような状態になります。通常エナメル質は透明感のある白い色をしていますが、結晶が崩れたような状態では不透明な白い色に見えます。この状態を初期むし歯といいます。

この段階でしたら、歯を削ることなく、崩れた結晶の部分を回復させて元の状態に戻すことも可能です。このように失われたミネラル成分を取り込んで回復することを再石灰化といいます。